忍者ブログ
HOME > 前項現在のページ > 次項 Admin NewEntry Comment RSS  
フラメンコスタジオ・アマネセールのブログです。
知人から、あるイベントでスペイン語が必要なので
教えて欲しいと依頼がありました。
スペイン語は専門ではないのですが、
私で役に立てるのならと引き受けることにしました。

それで、昨日が初日。
初日とはいっても、イベントは一ヶ月後なので、
この先何回レッスン出来るかもわからない状態でした。
とりあえず、この一回で終わる可能性も考慮に入れ
イベントで必要であろうフレーズに絞って
プリントを作成し、レッスンに臨みました。

プリントをつくっている時も
レッスンをしている時も楽しくて
スペイン語を教えるのも
けっこう好きかもと感じました。
知人もレッスンを気にいってくれたようで、
今後の予定も組みました。

レッスン後には早速、(公演の練習そっちのけで!!)
次の内容を考えている自分がいました。
(しばし、現実逃避です。。。)

それはさておき、
私のスペイン語歴はフラメンコ以上なのですが、
日常で使わないし、勉強(練習)しないので、
少しも上達してないなと猛反省しました。

以前どこかで、
「語学=筋トレ」みたいな記事を見たような気がします。
筋肉を付けるのと一緒で、語学を身につけるのも
やはり日々のトレーニングが必要だとか。
公演が終わったら、
今度こそ本気で勉強しなおそうと思っています。
akiko

拍手[2回]

PR
提出物。
思い起せば、夏休み最後に慌てて片づける子でした。
切羽詰まらないと動かない性格は
こどもの頃から変わらないようです。

昨日はまさに夏休み最終日を思わせる日でした。
というのも、
舞台係の方との打ち合わせをしたのですが、
その際に必要な資料作りを家を出る直前までしていました。

特に、1曲づつの舞台表を書くのにとても時間を要します。
他の方はもっと早く片付けられるのかしら・・・。
とにかく、
その曲や振付のイメージ
、照明の希望をわかりやすく伝えようと
書いては消し、消しては書いて・・・
しかも、フラメンコの構成の流れは、専門用語を使えば、
もっと簡潔に、正確に表現できるのですが、
そういう訳にもいきません。
照明の色を変えてもらうタイミングを伝えようとすると、
例えば、シギリージャのひと場面
「足打ちで速度を上げて行って、
一度止まると、
速くて強い歌が始まる」
これが
スビーダ→(シエレ)→マチョ
たった3語、いえ、2語でも充分なのですが。

苦労した甲斐があったようで、
わかりやすく書いてあるから
これを見てやれば大丈夫です
と言っていただけました。

さてさて、
大きな声では言えませんが、
完成していない提出物がまだ2点ほど。
それは自分の振付です・・・。
さすがにこれは最終日に仕上げたのでは踊れませんから
私の中では今週が期限です。

夏休み最終日は
3/10(日)です!

akiko

拍手[3回]

 
先週日曜日は
スタジオで3月公演の練習をしました。
大阪からカンタオーラの山下祐見江さんにお越しいただいたのですが、
体調不良で声があまり出ない中、
4時間も練習にお付き合いいただきました。

本来、祐見江さんの歌は声量もあり、とても力強いです。
でも、今回の出演メンバーのほとんどが
祐見江さんの歌で踊るのが初めてだったので、
控えめの歌声でちょうど良かったです。
いつもの調子の歌声だったら、
圧倒されて動けなかったかもしれません。

当日は、いつも通り
パワフルな歌声を響かせてくれることでしょう。
私たちもそれに応えるように
踊りたいと思います。



写真は、Aさんからの差し入れ。
いつもイベント前になると
珍しいお菓子を届けてくれます。
いつもお気づかいありがとうございます。
今度は一緒に踊りましょうね♡

akiko

拍手[3回]

先週土曜日は
姪っ子とお留守番。
姪はキッズクラスの生徒でもあります。
フラメンコの絵でも描こうか?
とすすめたところ、クラスの仲間を書きはじめました。
ギターも上手く書けましたよ。

フラメンコたのしい 
オレー
なんて嬉しいじゃないですか!

まあ、私が書かせた
やらせなんですけどね。

ところで、
montajeとは
舞台の演出という意味の他に
悪だくみなんていう意味もあります。
目下、3月23日の公演が
どうしたらより良い舞台になるかと
日々考えています。
その点は、まじめな演出です!

でも、同時に
足りない技量を
いかに目立たなくするかと
考えているという点においては
悪だくみといえるかもしれないです・・・。

時に演出家、
時にペテン師の
akikoでした。


拍手[3回]

2/17(日)
刈谷市市民交流センターで演奏しました。
このイベントの目的は
「プロギター講師の演奏を聴いて
音の楽しさを味わいましょう!」
「楽器を始めてみましょう!」
といったものでした。
ギターに触れるコーナーもありとのことでしたので
私も隙あればカスタネットを紹介しようと
いくつか用意して行きました。
ライブが終了して、主催者さんが
「では、今からギター体験コーナーに移ります。
準備するので、しばらくお待ちください」
とアナウンスしたところで、すかさずアピール。
「カスタネットもいくつか持ってきたので、
準備している間、場をつないでおきますよ!」
と持ち時間をゲット。

カスタネットのことを簡単ながら説明したら、
会場の皆さんも興味を持って下さったようです。
4名の方が楽しそうに体験してくださいました。
スタジオのこと、
3月公演のこと、
今後のライブのことも
ちゃっかり宣伝しました。

その後のギター体験も、皆さん楽しんでいる様子でした。
このようなイベントで皆さんが
いろいろな音楽を
いろいろな楽器を
知り、始めるきっかけになればいいなと思いました。



さて、
3/23(土)の公演
フラメンコを好きな人にはもちろんですが、
フラメンコを知らない人にこそ
お越しいただきたいと思っています。
フラメンコの魅力を知るきっかけとなりたい。
そんな思いをこの公演に込めています。

akiko




拍手[5回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[08/02 Soleá ]
[08/01 NONAME]
[07/01 NONAME]
[06/23 NONAME]
[06/19 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
稲葉 晶子
性別:
女性
職業:
バイラオーラ
自己紹介:


稲葉 晶子(いなば あきこ)
フラメンコスタジオ アマネセール主宰。
愛知県西尾市出身。
関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。 在学中にフラメンコを始める。
1998年~2001年スペインへ留学。セビリアのクリスティーナ・ヘーレン財団フラメンコ芸術学院舞踊科に在籍し多くのアーティストに師事。
帰国後、西尾市にスタジオを開設。
2002年から岐阜県多治見市でもフラメンコを指導。
2007年再びスペインへ留学。
現在、名古屋市中区のスペインレストラン、ロス・ファローレスでフラメンコショーにレギュラー出演中。その他ライブやイベントにて活躍中。





バーコード
ブログ内検索
カウンター
Estudio flamenco Amanecer Produced by 稲葉 晶子
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com