忍者ブログ
HOME > takaquin > お勧めの弦 Admin NewEntry Comment RSS  
フラメンコスタジオ・アマネセールのブログです。
クラシックギター、フラメンコギターで使用されるナイロン弦の種類は
同じブランドのテンションの違いも含めると百種類以上あります。
(その中でフラメンコギター専用弦は二十種類ぐらい。)
弦については皆さん非常に強いこだわりを持っていて、
1弦から6弦まで全部違う種類の弦を使用する人もいるくらい
それだけ音色や感触、各個人の指の力に合った張りの強さ
が違うものです。

最近使用している弦でお勧めなのが、サバレス社とトマティートが共同開発した
フラメンコギター弦「Tomatito JEU-JUEGO T50R」の・・・高音弦3本。
各弦太さもちょうどよく、3弦だけサバレスアリアンスのように
素材が違っていて、ピッチも安定しています。
現在メインで使用しているギター『コンデ・エルマノスA26』と、相性がピッタリ。
ただしコンデは、同じ『A26』でも作りや性能が全く違っていたりするので
あくまでも個人的な感想ということで捉えて欲しいです。

低音弦は少し張りが強くて、伴奏には不向きかな・・・という印象です。



さて、トマティートの使用ギターはマヌエル・レジェスですが、レジェスに張ると
相性抜群の弦なのでしょうか?レジェスを持っている方で、
この弦を使ってみた感想が聞きたいですね。

takaquín
 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/03 NONAME]
[03/20 NONAME]
[02/23 NONAME]
[02/23 NONAME]
[05/09 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
稲葉 晶子
性別:
女性
職業:
バイラオーラ
自己紹介:


稲葉 晶子(いなば あきこ)
フラメンコスタジオ アマネセール主宰。
愛知県西尾市出身。
関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。 在学中にフラメンコを始める。
1998年~2001年スペインへ留学。セビリアのクリスティーナ・ヘーレン財団フラメンコ芸術学院舞踊科に在籍し多くのアーティストに師事。
帰国後、西尾市にスタジオを開設。
2002年から岐阜県多治見市でもフラメンコを指導。
2007年再びスペインへ留学。
現在、名古屋市中区のスペインレストラン、ロス・ファローレスでフラメンコショーにレギュラー出演中。その他ライブやイベントにて活躍中。





バーコード
ブログ内検索
カウンター
Estudio flamenco Amanecer お勧めの弦 Produced by 稲葉 晶子
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com