忍者ブログ
HOME > takaquin > takaquínの原点 Admin NewEntry Comment RSS  
フラメンコスタジオ・アマネセールのブログです。
僕はギターを始めた最初の頃から、早弾きに興味があって
中学生の終わり頃から、ネオ・クラシカルにハマリ
高校生になってアル・ディメオラをよく聴くようになりました。
彼の早弾きはカッコ良かったのですが、音楽性は
当時の僕の感覚にしては曲の展開が激しく、難しいなという印象でした。

そこで、高校1年生の時に買ったこのアルバムの3曲めを聴いてみると…

Al Di Meola / ELEGANT GYPSY
 

ガツ~ン!と体に衝撃が走りました!
「左のスピーカーから聴こえる音のギタリストは誰だ?
ピックで弾いてこんな音になるのか?」

当時は指でこんなに速く弾くことが出来るなんて、信じられませんでした。
そう、このギタリストがマエストロ・パコ・デ・ルシアだったのです・・・

後でわかった事なのですが、このMediterranean Sundance
(邦題:地中海の舞踊)は
フラメンコのカデンツァで出来た曲だったんですね。
そこに、アルとパコのアドリブの早弾きが加わって
フラメンコらしい、情熱的な曲になったんだな~と・・・

今でも、練習で煮詰まった時はよく聴きます。
聴くと何故か、内なる情熱がふつふつと湧いてくるのです(笑)


ライブ盤の映像

 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
∞から次なる∞へ→♪
音楽(ギター)への情熱、内なる原点を思い出させてくれるのも、また音楽(ギター)。

やっぱり音楽に戻って、またそこからスタート。しかし、スタートは同じラインではないはず。

モヤモヤ煮え切らない時があって、原点の情熱を再確認し、また進む。

そこがまた楽しい♪
London 2012/02/28(Tue)00:45:49 編集
Re:∞から次なる∞へ→♪
Londonさん、コメントありがとうございます。
楽しい事ばかりではないですが、更なる飛躍を目指して頑張ります。
【2012/02/28 23:13】
2
おひさです。
貴方の影響でパコ・デ・ルシアのCD買ったからね。私。北海道でのライブ待ってます♪
しょーさとー 2012/03/08(Thu)21:56:53 編集
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[10/22 NONAME]
[08/02 Soleá ]
[08/01 NONAME]
[07/01 NONAME]
[06/23 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
稲葉 晶子
性別:
女性
職業:
バイラオーラ
自己紹介:


稲葉 晶子(いなば あきこ)
フラメンコスタジオ アマネセール主宰。
愛知県西尾市出身。
関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。 在学中にフラメンコを始める。
1998年~2001年スペインへ留学。セビリアのクリスティーナ・ヘーレン財団フラメンコ芸術学院舞踊科に在籍し多くのアーティストに師事。
帰国後、西尾市にスタジオを開設。
2002年から岐阜県多治見市でもフラメンコを指導。
2007年再びスペインへ留学。
現在、名古屋市中区のスペインレストラン、ロス・ファローレスでフラメンコショーにレギュラー出演中。その他ライブやイベントにて活躍中。





バーコード
ブログ内検索
カウンター
Estudio flamenco Amanecer takaquínの原点 Produced by 稲葉 晶子
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com